自動車解体で販売する中古部品

自動車解体で販売している中古部品、これらは、事故や何らかの理由によって、
廃車になる時に、使用できる部品を取り出し、メンテナンスを施して
再び、中古部品として販売されているものです。


もちろん自動車解体業許可やリサイクル法などの申請などを
行った正規の業者しかこのようなことは行うことができませんが、
このような自動車解体で販売できる部品が発生するからこそ、
私達に安い中古部品として手に入れることができるのです。


自動車解体で販売できる部品としては、
オイルネーたーやパワステポンプ、外装や内装装飾品など、
例えば、メーターやテールランプ、ライトなどが
あります。


もしあなたが事故を起こして自動車が破損してしまった場合、
新しい部品を使用すると、高いお金がかかってしまいます。
ですが、このような自動車解体で販売されている部品は、新しい
部品よりも非常に安く購入することができます。


自動車の部品は高いです。どっちにしても一度事故をして
傷をつけた車の査定は下がりますから、中古部品で十分です。
きちんとしたメンテナンスをしてありますから、
中古品と気がつくことはありません。


自動車解体での中古部品は、もう治らない、この車も、
ずっと大切に乗ってきたけど、部品が作られていなくちゃどうしようも
ない・・・そういった年代ものの大切にしてきた愛車に対しても
希望を見出すことができるかもしれません。


新しい部品はなくても、自動車解体で販売されている中古部品なら、
もしかしたら、その年代物の愛車にあった部品が見つかるかもしれません。
自動車解体で販売している部品は、インターネットなどで、
検索することができます。あきらめずに探してみましょう!

自動車解体で使える部品は?

自動車解体でも必要な使える部品は、再使用をするために保存されます。
こうした自動車解体での部品を集めて、中古の部品として
販売している会社も多くあります。


大切に乗ってきた自動車、ある部品が壊れてしまった、新しいものは
ないらしい・・・・そういうときにとても力になってくれる
自動車解体業からでる部品を扱っている業者。


自動車解体を行っている業者にこうした中古部品がないかどうか
確認することができます。古い車でも自分で大切にのっている方は、
たくさんいらっしゃいますよね。これこそ、リサイクルの心です。


自動車解体では、事故などで廃車になる車から、使用できる
部品を回収します。エンジンやバッテリーなど、壊れていない部品は
たくさんあります。


内装部品・外装部品をチェックし、きちんと整備した上で、
中古部品として扱えるかどうかを調査し、部品という形で
自動車解体から出る部品ということで販売するのです。


自動車解体のこうした部品以外で使用できない部分でも、
鉄の塊として保存します。鉄の固まりはその後、
さらに他の車の資材として再利用されるのです。


事故車で見た目がひどくても、使用できる部品があることが
ほとんどらしいです。こうした自動車解体業者は、使える部品を
事故車や他の理由で廃車にする車からはずし、メンテナンスを
して、部品として販売するというリサイクルをしているのです。


修理不可能と思っていた自分の自動車が、こうした自動車解体の
部品から再びよみがえって、走ることの出来る自動車になる、
これは素晴らしいリサイクルですよね。

自動車解体の手続きは面倒?

自動車解体の手続き、本来なら、自動車解体の業者さんへ
そのまま流してしまいますが、この手続き、どういった流れでおこわなれるのでしょう。


自動車解体の手続きは、自動車の所有者が抹消登録という自動車を廃止
しますという手続きを行い、そのご、ナンバープレートがはずされ、
運転できない車となり、解体され廃車ということになります。


自動車解体の手続きをしても、すべてのパーツや鉄などが、
捨てられるというものではなく、エンジンや金属、ほかに使用できるもの、
そうです、リサイクルできるパーツがあれば、再利用されます。


鉄などは、溶かして再利用されたり、パーツの場合、日本車のパーツは
非常に需要が高いので、中古品として売りに出します。
事故などで、破損した際に、このような中古品のパーツがあれば
とても安く、短時間で直すことが出来るわけですね。


さきほど述べた、抹消登録ですが、これには、永久抹消登録と一時抹消登録が
あります。


自動車解体での手続きで、永久抹消登録というのは、
「自動車が滅失、解体等したため再使用する事がない手続き」というもの。
もうひとつ、自動車解体での手続きで、一時抹消登録というのは、
自動車の所有者が長期入院や海外出張などで、自動車を運転することが
ない、一定期間自動車をしようできないというときに行う手続きです。


この自動車解体の手続き、どちらの抹消登録も、軽自動車以外は、陸運支局。
軽自動車の場合は、軽自動車検査協会というところで手続きを
行うのです。

自動車解体にも許可が必要

自動車解体にももちろん許可が必要です。
自動車を扱う許可には、解体業や自動車整備業、さらに修理業と
いろいろな許可があります。


自動車解体の解体業の許可とは、どういったものに適用されるのでしょうか?
まず、自動車解体の仕事は、もう配車にしようとしている自動車から
使用できるパーツをはずし、しかるべき仕分けを行います。


自動車は、鉄、タイヤ、エアバック、バッテリー、廃油、廃液などの
回収を行います。そして解体を行うわけですね。


自動車のパーツを取り外すことで、その車は「配車」扱いとなります。
ですから、解体業という許可が必要となるのですね。
許可なくこういった作業を行えば、罰せられますよ。


自動車解体の許可は自動車リサイクル法に基づいて都道府県知事許可
というものが与えられます。この際に、解体業と同時に、
解体後に破砕前処理、いわゆるソフトプレスを行っている場合は、
破砕業というものの許可も必要となるようです。


この自動車解体の許可の有効期限は許可日から5年間。
そして、許可申請には78,000円。
解体業許可更新申請には、70,000円が
かかります。


さらに、この自動車解体の許可を取得するとともに、
(財)自動車リサイクル促進センターというところが運用する
自動車リサイクルシステムへの事業者登録(解体肯定)が
必要となります。


こうした許可申請は申請する都道府県知事の担当者へ
確認しながら申請することも出来ますが、作業が面倒な方や
こうした書類を依頼したい場合は、行政書士さんなどへ
依頼することが一番早いでしょう。

自動車解体は業者に依頼しましょう

自動車解体は、業者に依頼するのが一般的ですね。
自動車解体を行うのは、自動車を配車にしようとする際などになりますが、
自分では手続きなどが非常に面倒ですし、
その手続きの仕方もわかならないので、当然のごとく、自動車解体を
行う業者に依頼します。


自動車解体を業者が行う場合、リサイクル料金やレッカー代金、配車の事務手続きと
いった費用がかかります。現在では、リサイクル料金は、車検や新車購入の
際に支払っている場合が多いので、リサイクル料金に関しては、不要という場合が
多いようです。


しかし、自動車解体を業者に依頼しても、その仕方によっては、お金が返ってくる場合も
あるのです。自動車解体を業者に依頼して、なぜお金が返ってくるのか?
それは、自動車は解体されても、「使える部品」というものが発生するからです。


日本車が多く盗まれたりするのはどうしてか? それは、その盗んだ自動車の部品を
さらに外国で違う車の部品として使用したりするからです。
日本車は部品の性能も非常によく、自動車を解体した場合でも、
部品の再利用が出来るのです。


自動車解体の業者に自動車解体を依頼することがほとんどの日本ですが、
中には、このように自動車を解体して、オークションなどに
自動車のパーツとして売り出しているというかたもいらっしゃいます。
四輪はもちろん二輪のパーツも多く、海外で取引されるようですよ。


昔の日本では、こうして自動車のパーツを取っておくお父さんも
多くいたようです。自動車に対しての愛着と、整備の仕方を
しっかりともっていたのですね。